2013年06月22日

通気胴縁のサイズ

久々の書き込みです。
いきなりですが、瑕疵担保責任保険の法的義務付けがされてから、
もう4年になろうとしています。
しかしながら、一般にはまだまだ知られていないようで、
何のことかわからないお客様は大勢いるようです。
ということは、請負契約される方、営業される方が、
お客様への説明をされていないという事なのでしょうか?
それとも考えすぎで、当たり前の事なので、特別なとらえ方をしていないのか?
近々に瑕疵担保の構造検査があって、事前チェックしててふと考えました。

瑕疵担保の設計・施工基準に、外壁サイディングの下地胴縁の事で、
その断面寸法が細かく規定されています。
構造検査で提出するチェックリストにも記載されているので、
その断面寸法の胴縁を使用しなければなりません。
今まで湿式の外壁ばかりだったので、久々の乾式サイディングで、
確認してみると、断面寸法は大きく違っていました。
通気層の厚さ15mm以上、通気胴縁の幅は45mm以上と、
幅がかなり広い規定となってます。
早速、材木店に注文すると、その寸法は在庫が無いという。
防腐処理品も未処理品も、厚みは15mmあっても幅が45mm以上は在庫が無い。

幸い、すぐに調達できましたが、常備品は厚みが21mmとなり、
予定より6mm壁厚が増えましたが、通気層が広いのは良しなので、
サッシの出幅も問題なく、なんとか準備は出来ました。
これ、外壁は施工予定内容なので、構造検査ではチェックしないんですね。
施工者の自主検査という事になってます。
どうなんでしょ?その幅が必要な根拠は?仕上げ材の種類にもよるだろうし、
その寸法、決定したなら周知すべきだし検査も必要では?ないのかな?
それよりも通気をさせるための、胴縁を空かして隙間の確保する事や、
胴縁に溝を付けた通気胴縁などの、通気溝の規定が何もない。
通気層は確保できても、通気孔が確保できないとどうなのか?
いろいろ考えることは多いですね。
posted by らいあ at 07:41| Comment(0) | 住宅 | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

兵庫県の木造住宅ローン 長期固定金利1.0%

金利が変わりました。
http://www1.odn.ne.jp/hyogomokuren/yuushi/yuushi_20120912001_n8p0c.html

地域型住宅ブランド化事業を
ひょうごKJS連合会が採択を受けました。


兵庫県産材で長期優良住宅を建てるメリットが広がりました。

ひょうごKJS連合会
https://jhop.jp/1078ee/J081/index.html

posted by らいあ at 12:42| Comment(0) | 住宅 | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

10㎡

ミニハウスですけど、実は仕事の上で、連棟の計画があります。
6帖の大きさって10㎡無いんですけど、これ建築基準法でいう確認が不要の場合も。
新築は必要ですけど、増築であれば、防火・準防火地域以外なら適応しないです。
ということは、増築を繰り返して行っても確認は必要ないというと?・・・
ミニハウスではなくなってしまいますね。
ま、わずらわしい手続きなくとも気軽に建てられるDIY向きのサイズとうことですね。


ミニハウス連棟 (1374x1021).jpg

posted by らいあ at 22:28| Comment(0) | 住宅 | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

兵庫県の木造住宅ローン 長期固定金利1.2%

兵庫県の木造住宅ローンをご存知でしょうか?
非常に有利な条件となっております。
この4月からフラット35の金利が下がり、
それに合わせてこちらのローン金利も0.2%下がっています。
現在、融資利率1.2% 長期固定金利 返済期間25年(最大35年)
融資額2,000万円(上乗せ利用で最高2,700万円)
変動金利で1%を切っている状況ですが、この先の経済状況を考えると、
固定金利でこの利率は、とても魅力ある融資条件ではないでしょうか。
ただし、この融資を利用するためには、当然ながら一定の条件があります。
まず、兵庫県産の木材(構造用)を50%以上使用する必要があります。
そのことで住宅の費用が少し割高になるかもしれませんが、
住宅の費用のうちの構造木材のパーセンテージから、数十万円という単位です。
普通にどこの工務店さん(建設業許可のある)で建てても利用できます。
今年から、取扱金融機関にJAさんが加入しました。これは大きいでしょう。
その他割増融資としては、県産粘土瓦(淡路瓦)を使うと200万円アップ、
環境配慮型住宅にすると、さらに500万円アップします。
それから、県産木材を60%以上使用し、長期優良住宅にすることで、
返済期間が10年延びて35年となります(26年目以降は2.2%)。

淡路瓦を利用する場合、淡路島各市では補助金制度があります。
南あわじ市20万円、洲本市10万円、淡路市5万円(それぞれ最大の条件で)

補助金のお話では、「地域型住宅ブランド化事業」がこれから出てきます。
この事業の認定を受けた事業者で家を建てると、最大120万円の補助金が出ます。
また、ゼロ・エネルギー化推進事業による350万円の補助金も別途あります。

こういう制度は上手に活用したいものです。

県住宅融資.jpg

posted by らいあ at 10:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

桁入りにすると、

先日紹介した、「摂丹型妻入り民家」風住宅デザインですが、
妻入りというのは、淡路島では馴染みがありません。
桁入りの提案プランも作ってあったので紹介します。
やはり玄関からDKまでを土間床としています。
昔は玄関土間で腰かけて近所の人と話をしたりしてましたね。
お客様にはソファにでも座っていただきましょう。
土間床で地熱利用をする場合、外周部の基礎断熱は外側に必要です。
合わせて外断熱仕様の方が、土間床の場合はまとめやすそうです。
換気システムも、床下のあるところにユニットを配置するとよさそうです。



1f.jpg
1階平面図

2f.jpg

2階平面図


外観1.JPG


外観x2.JPG

外観

※煙突は上部で直角に曲げることはありません。
 手持ちCADソフトで表現しきれないだけです。

posted by らいあ at 09:07| Comment(0) | 住宅 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。