2016年01月09日

自給率100%の島

日本の食料自給率は、農水省のデータだと、カロリーベースで39%、
生産額ベースで64%となっているようです。(平成26年調査)
100%に満たなければ輸入に頼るしかないのですが、
もしも自給率100%を超えることができるなら、輸入に頼ることなく、
自給自足で暮らしていけるという事になります。
わが淡路島は食料自給率100%を超える、一次産業が盛んな島です。
今に始まったことではなく、神代の昔から御食国と称され、
朝廷の御台所として豊かな食の宝庫とされていた所です。
その淡路島が、太陽光発電ラッシュであちこちに発電所が出来て、
結果として、エネルギー自給率が100%を超えてしまったようです。
ということは、単純に考えると、自給自足で暮らしていけるという事?
実際は、就労が確保できない等、島だけでは回らないと思いますが、
こんなに恵まれている所ってありますでしょうか?
小さな島が数字の上で自給率100%を超える話は、
デンマークのロラン島が有名ですが、淡路島も近づいたように思います。
食もエネルギーも自然の恵みです。
日々の生活で、その豊かさを感じることが出来れば、
幸せな人生を送ることができると思うのですが、
そう簡単にはいかないのが人の性ですかね。

訂正します。
淡路島のエネルギー自給率について、勘違いをしていました。
2050年をめどに、自然エネルギー100%を超えようと目標を定めたということでした。
このブログを読まれた方、すみません。 2016.06.25

posted by らいあ at 02:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください