2012年01月25日

JHOP CAD free

JHOP CAD free をインストールして、使ってみました。
私はAD-1のユーザーなので、このCADの操作はAD-1と全く同じな為、
操作マニュアルを必要としませんが、初めての方でも少し練習すれば、
簡単に操作できる、非常に解りやすく操作性の良いCADだと思います。
グリッド上に壁を配置していき、囲われた領域に部屋名を指定して、
建具や家具を配置するだけで、平面図と同時に立体空間が出来上がります。
あとは屋根さえ描ければ外観も形作ることができます。
少し前なら屋根伏せ図を描く機能があったようですが、今は搭載されていません。
プラン図が完成したら、平面図・ウィークスルーデータを自動生成できます。
このJHOP CAD free には図面編集機能として、KING CADという、
本格的な2次元CADシステムが搭載されています。
プラン図からのデータ利用して作図するのですが、
この機能単体で2次元の作図CADとして使用することができます。

これだけの機能が無償で使えてしまうと、その先の3次元化や積算、
立面や断面、詳細図面など、オプション料金を払って自動作図したくなる・・・
そんな狙いがあるのでしょうか?
クラウドサービスなんて、まだまだ先の事と思ってましたが、
住宅業界の中でこんな身近に存在していたのはビックリでした。
この先、どうなっていくんでしょうね。

 
JHOP-EXP-PLAN01JHOP-EXP-PLAN02
JHOP CAD free を利用して、平面図を描いてみた。
プラン図が完成したら、画像出力でプレゼン用平面図が生成される。
 
JHOP-EXP-PLAN03

今度はプラン図から平面図の自動作成を行い、図面編集(KING CAD)へ渡し、
CAD図面としてデータ出力することが(もちろん編集も)できる。

 

面積計算は面積用を作ってくれる。
テキストデータで出力するから、こうして文書にすることも可能。

  
建築面積 55.00 ㎡ ( 16.64 坪)
1F床面積 55.00 ㎡ ( 16.64 坪)
2F床面積 49.00 ㎡ ( 14.82 坪)
延床面積 104.00 ㎡ ( 31.46 坪)
工事施工面積 104.00 ㎡ ( 31.46 坪)
 
 
posted by らいあ at 10:59| Comment(0) | 住宅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。